命の母なら効果を調べておこう【症状を改善できる】

頻繁にやりすぎるのは禁物

お尻

避妊目的では使えない

デリケートゾーンの臭いが気になる時や、生理を早く終わらせたい時など、膣内洗浄は非常に役立ちます。膣内の不純物を洗い出し清潔にしてくれるので、臭いが軽減できるほか、残った経血を洗い流して生理をすっきり終わらせてくれるからです。だからといって膣内洗浄をやりすぎると、膣内環境のバランスを崩してしまうので気をつけなければいけません。膣内には、悪玉菌と善玉菌の両方が介在し、一定のバランスを保っています。しかし、頻繁に膣内洗浄をすると、悪玉菌だけでなく善玉菌も洗い流されてしまうため、膣内の免疫力が低下してしまうのです。そうすると、感染症にかかりやすくなったり、臭いの元となるバクテリアが繁殖しやすくなったりするなど、膣内に不都合が起きてしまいます。膣内洗浄をする頻度は、月に1回から2回ほどに止めるのがベストです。また、膣内を洗い流せるからといって避妊目的で使う人もいるようですが、膣内洗浄に避妊の効果はありません。もちろん、性行為の後の不快感を洗い流すのは可能ですが、精子は洗い流せないことは覚えておきましょう。そして、家庭用の膣内洗浄器として売り出されている使い捨てビデは、使い切りタイプです。水道水を入れて再利用をすると、水道水の化学成分で膣内環境を悪化させる可能性があります。使い捨てビデの使いまわしはせず、必ず新しいものを使うようにしましょう。正しい使い方をしてデリケートゾーンを清潔に保ち、臭いや不快感から解放されたいですね。